アーセナルのFAカップ優勝に貢献し、涙を流したアルゼンチン人GKエミリアーノ・マルティネス。

ローン暮らしの末につかんだタイトルに男泣きする姿は話題になった。ただ、アーセナルの正GKはベルント・レーノであり、プレー機会を求める彼は退団濃厚となっている。

そうしたなか、本人がInstagramに「ありがとう、アーセナル」との動画メッセージをポストした。その一部を抜粋する。

エミリアーノ・マルティネス

「アーセナルのファンたちは常に僕の味方だった。

彼らの愛を感じたし、ベルントが怪我をした時でさえ、多くのメッセージをくれた。

『エミ、僕らは君を信頼しているぞ。君は僕らのGKだ。君は我がアカデミー出身だ。君がうまくやると確信しているよ』ってね。

それが僕に自信をくれたし、試合を勝たせてくれたし、今の自分になることができた。

彼らは僕のストーリーを理解して、僕のハードワークぶりを愛してくれた。だから、アーセナルファミリーとして11年間を過ごせたことにとても感謝しているんだ」

マルティネスがアーセナルへの感謝などを語ったその様子がこちら。

この投稿をInstagramで見る
Thank you @arsenal
Emiliano Martinez(@emi_martinez26)がシェアした投稿 -

現地ではエモーショナルなお別れだと伝えられている。

【関連記事】「愛されながらも、クラブと別れることになった10人のレジェンド」

マルティネスはアストン・ヴィラへの移籍がほぼ決定しているようだ。