今夏はかなり大きな騒動に見舞われたバルセロナ。リオネル・メッシが退団を要求したり、ルイス・スアレスやアルトゥロ・ビダルらの放出話が出たりなどして、メディアを賑わせた。

そして、ファンの批判のターゲットになっているのがジョゼップ・マリア・バルトメウ会長。

ソシオ(ファンクラブ)の投票で選ばれたこともあって強い権限を持っているものの、ファンからは今すぐやめるべきであるという声も。

そして『Evening Standerd』によれば、現在バルセロナのソシオによってバルトメウ会長への不信任投票を行っているとのこと。

強制的な会長選挙を行うためには90%以上となる1万6521件の署名が必要となるそうだが、今回の報道によればすでに1万4100件に達しているという。

元バルセロナ会長で、次の選挙への立候補を決めているジョアン・ラポルタ氏もこの運動に賛同を示しており、Twitterでこのように投稿している。

このようにニュースでも取り上げられている。

【関連記事】バルセロナ、すぐ「売れるなら売るべき」10名の選手

この署名の期限は本日9月17日までとなっている。すこぶる評判が悪くなっているバルトメウ会長の命運は…。