レアル・マドリーをキャプテンとして牽引するセルヒオ・ラモス。

同僚であるドイツ代表MFトニ・クロースもそのキャプテンシーを絶賛している。

『Einfach Mal Luppen』のポッドキャスト配信でこんな話をしていたそう。

トニ・クロース(レアル・マドリーMF)

「ラモスは意見がある時にはチームのためにそれを表明する、屈することなくね。

それまでには見たことがないものだった。

だから、キャプテンについていえば、僕らには最高のキャプテンがいる」

「我がキャプテンとしてセルヒオがいてくれることは最高に嬉しい。

彼から多くを学んだし、彼も僕から学んだ。

彼は全てのものに素晴らしい反応をするし、クラブの誰もがその意見に耳を傾ける。

セルヒオは模範として引っ張ってくれる」

昨季、DFながらシーズン2桁得点をマークしたラモス。その彼にアシストを提供してきたのがクロースだ。

昨シーズンもこんな必殺ホットラインでゴールを奪うシーンがあった。(以下動画2分15秒~)。

パスもヘッドも完璧!そして、あのポーズも決まっている。

【関連記事】「プレミアリーグ史上最強の闘将ランキングTOP10」

なお、レアルはソシエダとの今季開幕戦をスコアレスドローで終えた。ラモスとクロースは先発出場している。