先週末に行われたプレミアリーグ第2節ではアーセナルとアウェイで対戦し、2-1と惜しくも敗れてしまったウェストハム。

これで開幕から2連敗となったものの、その後22日に迎えたカラバオ・カップではハル・シティを相手に5-1と大勝しており、調子を戻していた。

しかし、この試合を前にしてウェストハムはチームの数名が新型コロナウイルスに罹患していることを発表。

選手からはイサ・ディオップ、そしてジョッシュ・カレン。さらに監督を務めているデイヴィッド・モイーズも陽性だったことが明らかになった。

この3名は全員症状を示していないとのことだが、ロンドンスタジアムで行われた検査の後、自宅に帰って隔離されたそうだ。

この試合はウェストハムのアシスタントコーチを務めているアラン・アーヴァインが臨時監督を務め、勝利を導いている。

【関連記事】「タイトル獲得直後に退任」になった悲しき監督たち

なお、ハル・シティは検査を受ける機会を提供されたものの、それを辞退しているとのこと。