主な欧州主要リーグの移籍市場は10月5日でクローズされる。それを前に動きが活発になってきた。

『Watford Observer』によれば、ルイス・スアレスがワトフォードからグラナダに移籍する見込みだそう。

22歳のコロンビア人ストライカーのルイス・スアレスは、昨季レアル・サラゴサで香川真司ともプレーした選手だ。その凄さが分かる圧巻シュートがこちら。

決定力は折り紙つきだ!

【関連記事】 “読み間違い”が定着している難読サッカー選手たち<その1>

サラゴサからワトフォードに復帰した今夏はビッグリーグへの移籍が噂されていたルイス・スアレス。

同紙によれば、グラナダが1500万(18.6億円)でワトフォードから獲得するのが実質決定したという。すでにメディカルチェックは終わっており、週末にも正式発表されるとか。

なお、ワトフォードとグラナダはかつてポッツォ・ファミリーが所有していたクラブでもある(グラナダは2016年に中国企業に売却、ワトフォードは現在もポッツォがオーナー)。