欧州各地で行われたUEFAネーションズリーグ。スペインが敵地でのウクライナ戦に0-1で敗れる波乱があった。

それでも、ルイス・エンリケ監督は「我々は進化と改善が必要だが、試合は予想していたものだった。我々は勝利に値したと思う。我がチームへの自身は変わらない」と述べている。

一方、『Спорт-Экспресс』によれば、アンドリー・シェフチェンコ監督は、「これはミラクルではない。この試合のために選んだ素晴らしいプランを実行した。当然の勝利だ。選手たちに感謝している」と喜びを口にしていたそう。

現役時代はともにスターだった2人の指揮官。50歳のエンリケと44歳のシェフチェンコがサイドライン上で見せた熱いジェスチャーも話題になっている。

ファンたちは「カンプ・ノウでのエンリケが恋しい…」、「Andreeeeee(シェフチェンコ)♡」などと反応していた。

【関連記事】ウイイレでお世話になった「インテルのスター選手」ベスト11

なお、2チームが同居するグループ4は残り2試合時点でスペインが首位ながら、勝点差1でドイツとウクライナが追っている(最下位はスイス)。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】