レアル・マドリーへの移籍が噂され続けてきたマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ。

「レアルでプレーすることは全選手の夢。いつかあそこでプレーするのが夢であることを否定しない」などとレアルへの愛を公言した。

ユナイテッドでの求心力を失いかねない発言だったが、チーム内での評価は揺らいでいないようだ。

『Manchester Evening News』によれば、ポグバはチーム内での支持を失っていないという。

ユナイテッドのロッカールームでのポグバの人望は衰えておらず、同僚たちはポグバこそクラブで最高の選手だといまでも信じているとのこと。

一時期の低調ぶりから復活したポグバ。ブライトン戦では幻のゴールを演出する起点にもなった(以下動画2分39秒~)。

チームの関係者もポグバは選手とスタッフから高く評価されていると述べているそう。

【関連記事】レアル・マドリーがガチで狙って「逃した」9名のスター、そしてその代役

ただ、彼の契約は2021年まで(1年の延長オプションあり)となっているほか、代理人であるミーノ・ライオラは昨年レアルへの移籍が不成立になったことを詫びている。