JFAは15日、オンラインで記者会見を開催。来年秋に開幕が予定される「WEリーグ」に参入するクラブを発表した。

日本サッカーの歴史上初となる女子プロリーグの開幕に当たり、記念すべき初年度を戦うことになるのは以下のチームとなった。

  1. マイナビ仙台レディース(宮城県)
  2. 浦和レッズレディース(埼玉県)
  3. 大宮アルディージャ(埼玉県)
  4. ちふれASエルフェンさいたま(埼玉県)
  5. ジェフ千葉レディース(千葉県)
  6. 日テレ・東京ヴェルディベレーザ(東京都)
  7. ノジマステラ神奈川相模原(神奈川県)
  8. AC長野パルセイロレディース(長野県)
  9. アルビレックス新潟レディース(新潟県)
  10. INAC神戸レオネッサ(兵庫県)
  11. サンフレッチェ広島(広島県)

17団体から申請を受け、4回の審査選考委員会と1回の理事会を経てその中から11団体を選出したとのことだ。