15日に行われたアメリカ・メジャーリーグサッカーのFCシンシナティ対コロンバス・クルーの試合で、久保裕也がPKでゴールを決めた。

0-0で迎えた前半17分、アラン・クルスが倒されて得たPKを久保裕也が担当。キーパーの動きをじっくり見ながら助走し、冷静に右へとシュート!

キーパーが飛んだ方向とは逆にうまく転がし、先制点を奪取。小さくガッツポーズをした久保裕也は仲間から祝福されているぞ。

なお、久保裕也は先日行われたMLSイズ・バック・トーナメントで得点を決めているものの、MLSに限ればこれが2ゴール目となっている。

なお、FCシンシナティはこのあと同点に追いつかれるも突き放し、2-1でコロンバスを相手に勝利を収めている。

【関連記事】ウイイレ2021、「能力の高い日本人選手カード」TOP10

シンシナティはイースタン・カンファレンスではこれまで18試合を戦って4勝4分け10敗という成績で、14チーム中13位。しかしプレーオフ出場圏内の10位までは勝点差3となっており、逆転に望みを繋いでいるぞ。