膝の故障により、6月から戦線を離脱していたマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ。

アーセナルとのプレミアリーグ第5節に先発出場し、ピッチへの復帰を果たした。

ただ、試合中の振る舞いが物議を醸している。女性副審シアン・マッシー氏の首・肩付近を掴むシーンがあったのだ。

マッシー氏が相手ボールとジャッジしたことに不満だったアグエロ。背を向けた彼女の首・肩付近を掴んで振り向かせようとしていた。

悪意があるようなものではなかったが、マッシー氏はアグエロの手を振り払う仕草をしている。

このアグエロの行為に対して、「副審が男でも同じことをしたか?彼女は明らかに不快そうだ」などと指摘する声があがっている。

ただ、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はアグエロを擁護した。

試合後の会見でこの件について聞かれると、驚いた表情を見せつつつ、「頼むよ、セルヒオは私が出会ったなかで最高に素敵な人間だ。他の問題を探してくれ」と述べたのだ。

なお、試合は1-0でシティが勝利。アグエロは65分間プレーしている。