ビジャレアルの日本代表MF久保建英がキャリア初の退場になった。

ラ・リーガ第6節、バレンシアとのダービーマッチに後半19分から出場した久保。後半27分に1枚目のイエローカードを貰うと、アディショナルタイムに2枚目を貰ってしまったのだ(以下動画4分45秒~)。

スライディングでボールにチャレンジした久保。主審からレッドカードを突きつけられると驚きの表情に。また、チームメイトたちも抗議していた。

よく見ると、久保がスライディングした左足は相手にほぼ当たっていない(接触しているのは右足)。

Jリーグ時代を含めて通算8枚のイエローカードを貰っている久保だが、退場になるのはキャリア初。

『AS』によれば、現地でも久保の退場がフェアか否かが議論になっているとのこと。なお、1枚目を貰ったシーンでは、高く上げた足がホセ・ガジャの頭部に当たり、相手は流血している(動画4分2秒~)。

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督は、久保のプレーを評価したうえで、「2枚のカードで退場になったが、これはそうあることではない。もうひとつの経験だ」と述べていたそう。