財政難の古巣フローニンゲンを救うために現役復帰した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン。

36歳になった彼はユトレヒトとのエールディビジ第5節に途中出場し、正式にホームでの再デビューを果たした。

『RTV Noord』によれば、0-0で終わった終了後には「またメンバーに入ることができてよかった。(怪我をした)数週間前には本当にがっかりしたよ。そこから、すぐにスイッチを切り替えて、ハードなトレーニングを始めたんだ。今日、またメンバー入りするという報いを受けることができた。サッカーをプレーするのは素敵さ」と述べていたそう。

そんなロッベンが自転車に乗ってスタジアム入りする姿が話題になっている。

颯爽と自転車通勤するロッベン!17歳当時も練習場と学校をチャリで行き来していたそう。

【関連記事】引退後に激太りしてしまったレジェンドサッカー選手たち

試合後には「これならすぐに帰宅できるからね(笑)」とも語っていたとか。