昨季からバルセロナでプレーしているオランダ代表MFフレンキー・デヨング。『NRC』のインタビューでこんな話をしていた。

フレンキー・デヨング(バルセロナMF)

「(批判は)気にしない。多くの人がサッカーを見ている、ジャーナリスト、アナリスト、ファン。

彼らは新聞、SNS、サッカーサイトで反応する。それは彼らの権利だ。

ファンしかいないサッカー選手なんて誰もいないよ。メッシやロナウドでさえ(嫌いな人がいる)。

自分だけは違うんだという幻想は抱いていない。だから、批判されても問題ない。

アナリストやジャーナリストは多い。需要も多い。

でも、人々が本当に間違っていることを言っている時もある。それなら、もっと確かめるべきだと思うね」

「名声は人生を送るうえでの数少ない障害のひとつさ。

選べるなら、匿名で人生を生きるほうがいいね。

友達や家族、彼女と街を歩いている時、人々に近づかれると困ることがあるんだ。プライベートな時間だからね。

でも、そういう人達にとっては楽しいことなので、僕はいつも陽気でいようとしている。それに対処することを学んだよ」

できることなら、有名にならずにひっそりと暮らしたいという思いがあるようだ。

そんなデヨングはビジャレアル戦で珍しくボールロストし、久保建英のチャンスにつながるシーンもあったりした(以下動画4分41秒~)。

最深部でも平然とつなぐでヨングだが、ここでは珍しくミス…。

バルサはミッドウィークにCLでディナモ・キエフ、週末にはリーガでベティスと対戦する。