2018年にレアル・マドリーを去り、ユヴェントスに移籍したクリスティアーノ・ロナウド。

ポルトガル代表に招集されている彼はUEFAネーションズリーグのクロアチア戦を控えている。スプリトでの前日練習ではこんな再会シーンがあった。

ロナウドはレアル時代の盟友ルカ・モドリッチ、そして、マテオ・コヴァチッチと再会を果たしていたのだ。穏やかな笑顔がいい感じである。

前日会見に登場したモドリッチは「ロナウドと随分久しぶりに会って、色んな話ができたのはよかった。僕らにはいい思い出がある」としつつ、「ロナウドと僕は多くことを成し遂げた。でも、気を緩めたり、『もう働く必要はない』なんて言いたくはない。成功は出来るだけ長くそのレベルにいるモチベーションになる」とも述べていたそう。

レアルの7番と10番として大暴れしたロナウドとモドリッチ。

話すのは久しぶりだったようだ。

注目のクロアチア対ポルトガル戦は日本時間18日に行われる。