パレスチナで行われている2部リーグ、ウェストバンク・ファーストディビジョンの試合で凄いゴールが決まったようだ。

対戦はアル・クワート・アル・ファリスティニヤーとアル・アラビ・バイト・サファーファ。

1-1とタイのままで迎えた後半アディショナルタイム。アル・アラビ・バイト・サファーファのハーディル・アル・フレーシーが…。

右サイドからのふわっとしたクロスから、ゴールライン上でオーバーヘッドシュートを敢行!

それが偶然ループシュートのようにゴールの方向へと飛んで行き、キーパーの頭上を大きく超えてそのままバウンド、枠の中に吸い込まれていったのだ。こりゃあすごい…。

しかも後半アディショナルタイムの勝ち越し弾。まるで奇跡のようなスーパーシュートであった。