バイエルン・ミュンヘンの大エースに君臨してきたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ。

32歳になった今年は悲願のUEFAチャンピオンズリーグ初制覇も成し遂げた。

そのレヴァンドフスキが今年2個目の“バロンドール”を贈られていたぞ。ポーランド代表がその様子をSNSにポストしている。

段ボール箱に入った“バロンドール”を取り出したレヴァンドフスキは嬉しそうな笑顔を浮かべている。

ただ、今年は新型コロナウイルスの影響を考慮してバロンドールの授与は行われないはず。この“バロンドール”はポーランドのファンが手作りしたもの。

クラコフに住むマルチンさんは「コロナ流行にせいでロベルトがそれを受け取れないと知った時、彼にバロンドールを渡すという考えが自然に思い浮かびました。彼は偉大なサッカー選手なので、全てのポーランド代表ファンから(の贈り物として)RL9にこれを渡すことにしました」と語っている。

レヴァンドフスキは友人であるラッパーからLEGO製のバロンドールを贈られたばかり。今回はまさに“黄金のボール”で完成度はより高い感じだ。

なお、レヴァンドフスキは10月のブンデスリーガ月間MVPも受賞している。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら