アトレティコ・マドリーはクラブの歴史的キャプテンであり、レジェンドであるガビが引退したと発表した。

37歳のガビはサラゴサでブレイクした後にアトレティコが買い戻した選手。アトレティコでは413試合に出場し、2018年にアルサッドへと移籍していた。

彼は「サッカーを始めた時、夢が叶うとは思いもしなかった。今日がサッカー選手としてのキャリアを終える日だ。チームメイト、監督、チームスタッフ、家族、友人たち、全員に感謝したい」などとのメッセージをSNS上にポストしている。

【写真】なぜ?代表チームから過小評価されている名選手たち

なお、リーガ屈指のMFだったガビだが、スペイン代表での出場は一度もなかった。