新型コロナウイルスの流行によって、欧州ではいまだに無観客での開催が続いている国も少なくない。

昨季途中に長期の中断があったことで、今季もタイトな日程が強いられており、各国の強豪チームも不調に喘いでいる。

『BBC』によれば、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はこんな発言をしていたそう。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「3日ごとにプレーするのが日常で、選手たちがスタジアムに来て、観客がいた時のサッカーは喜びだった。

今はもはや特別な日ではない。次はどうなるか?

ここに行ってくれ、あそこだ、そこだ…。もちろん、選手たちはそれをしたがっている。

彼らは素晴らしいが、この状況に喜びはない。世界中の人々や家族と同じだ。

レストランに行かない、外出もしない。ジャーナリストでさえ、会見に行って友人と会うこともできずに家で働く。それは違うものだ。

サッカーも例外ではない。我々は行って、プレーする。それだけだ」

【写真】グアルディオラの下で「愛されつつ成功できなかった」7名

現在のシティはプレミアリーグで暫定11位になっている。