2007年にフェイエノールトからレアル・マドリーへと移籍したことで知られているオランダ代表MFロイストン・ドレンテ。

『Voetbalzone』の報道によれば、火曜日に彼はブレダ裁判所で破産宣告を受けたとのことだ。

左サイドならば最終ラインからトップまでこなせる有望な若手として評価されたものの、レアル・マドリーではなかなか出番を与えられず、エルクレスとエヴァートンへのローン移籍を経て退団したドレンテ。

その後はロシア、イングランド、トルコ、UAEと渡り歩き、2016年には若くして現役を引退。そして突如ミュージシャンへの転向を発表し、『Roya2Faces』と名乗ってラッパーとしての活動を開始した。

【動画】2018年に発表されたドレンテの代表的なナンバーの一つ「No Mercy」

2018年夏にはサッカー選手に復帰することを決断し、数週間の練習参加の後でスパルタ・ロッテルダムに加入。エールディヴィジ昇格を成し遂げたあと退団し、3部のコザッケン・ボーイズに加入していた。

記事によれば、ドレンテは「破産を怖がることはない。収入と支出を知らないため何が起こっているかはわからないが、自分が思っている通りであればそれほど重要ではない」と語っているとのこと。