プレミアリーグ第11節、レスターは敵地でのシェフィールド・ユナイテッド戦に1-2で勝利した。

後半45分に劇的な決勝ゴールを決めたジェイミー・ヴァーディのゴールセレブレーションが話題になっている。

ヴァーディは得点後にスライディングキックをかまして、コーナーフラッグを粉砕したのだ。

【動画】仰天!CKフラッグを粉砕したヴァーディのスライディングキック

このワイルドすぎるセレブレーションに海外のファンたちは「かわいそうな、コーナーフラッグ」、「フラッグに対するこんな露骨な攻撃は見たことない」などと反応。『Daily Mail』によれば、ジェイミー・キャラガーも「VARでチェックされるだろう」とジョークを飛ばしていたとか。

ヴァーディは根元付近から折れてしまったフラッグを自ら挿し直したようだが、この破壊行為によって主審からイエローカードを貰っている。

最下位シェフィールドを撃破したレスターは現在4位。ブレンダン・ロジャーズ監督は、ヴァーディ以上の選手はあまりいないとエースストライカーの決定力を讃えていた。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら