昨季ブレシアを解雇されてからは所属クラブが見つからず、半年以上ピッチから離れていたバロテッリ。

念願のセリエA復帰、そして故郷のクラブでの挑戦とあって期待されたものの、不安定なプレーと多くのトラブルによって追われるようにチームを去ることに…。

しかし今回ついに彼は新しい活躍の場を得ることになった。それがセリエBに所属しているACモンツァ。

かつてミランのオーナーであったシルヴィオ・ベルルスコーニが所有し、アドリアーノ・ガッリアーニが経営を担当するクラブで、新たな挑戦を行うことに。

そして久々のチーム練習に合流したバロテッリ、トレーニングではこんな動きを見せていたぞ。

【動画】まだまだキレは戻っていないようだが…。久々のピッチで動くバロテッリだ。

やや重たいところは感じられるものの、鋭いシュートも見せている。

セリエBで10試合を戦って3勝5分2敗となかなかの成績を残しているモンツァ。ケヴィン=プリンス・ボアテングやジュゼッペ・ベルスキ、ガブリエル・パレッタら実績ある選手も多く、3部から昇格したばかりでありながらも力を発揮している。

ただ10試合で9得点と攻撃力には問題を抱えているため、バロテッリの加入がターニングポイントになる可能性も…期待したいところだ。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら