ユヴェントスの10番を背負うパウロ・ディバラ。現在の年俸750万ユーロ(9.4億円)の倍増を希望する彼はユーヴェからの契約延長オファーを拒んだとも伝えられている。

そうしたなか、あのアントニオ・カッサーノがディバラに言及した。『Twitch』上でのクリスティアン・ヴィエリとの対談でこんな話をしていたそう。

アントニオ・カッサーノ(元イタリア代表FW)

「ユーヴェの監督たちは彼を必要不可欠とは見なしていなかった。なので、彼がチャンピオンや偉大な選手なのかは疑問だね。

俺からすれば、彼はチャンピオンではないし、違いも生み出さない。

ディナターレやインシーニェのようにいいゴールは決めるよ。だが、ユーヴェの10番を背負いたいなら、より高いレベルになる必要がある。

プレッシャーがかかるとお漏らしするように感じるね。

彼は1000万ユーロ(12億円)の年俸を要求している…おいおい頼むぜ」

【写真】なぜ??サッカー史上に残る、背番号「10」に違和感があった7名

27歳になったディバラはユーヴェで242試合98ゴールを記録。ただ、カッサーノからすれば、物足りないレベルにあるようだ。