第99回全国高校サッカー選手権大会は1月11日、決勝戦が埼玉スタジアム2002で行われた。

11大会前の決勝と同じ、山梨学院と青森山田が顔を合わせた一戦。先にゴールを決めたのは11年前同様、山梨学院だった。12分、カウンターから最後は広澤灯喜がミドルシュートを突き刺し貴重な先制点を奪う。

相手を押し込みながら一発で先制を許した青森山田だが、後半はさらに攻勢を強め、57分にロングスローからキャプテンの藤原優大が同点弾。さらに63分には、度々チャンスを作り出していた右サイドのクロスから安斎颯馬が今大会5点目となる逆転弾を決めた。

その後も青森山田が決定機を作り出すも決められず、逆に山梨学院が78分に野田武瑠のゴールで同点。

【動画】高校屈指の逸材!青森山田MF松木玖生、U-18日本代表合宿でのプレーをまとめてみた

試合はそのまま2-2で、延長戦でも決着がつかず。PK戦を4-2で制した山梨学院が11大会ぶり2度目の頂点に輝いた。