デビューしてから1年で51試合に出場、MFながら28ゴールを決めており、さらに18アシストを記録。とてつもないペースでプレーを重ねており、「働きすぎ」との声も。

【動画】2019-20冬の加入後、とんでもない活躍で衝撃を与えたブルーノ・フェルナンデス

しかし『Sky』のインタビューに応えたブルーノ・フェルナンデスは以下のように話し、26歳で疲れてどうするんだ…と語ったそうだ。

ブルーノ・フェルナンデス

「疲れたかだって?26歳ではまだ疲れないさ!

今疲れていたら、30~32歳でプレーできなくなってしまうよ。5試合に1回だけ出場するとかね。だから僕は疲れていないよ。

もちろん、チームのために何が最善であるのかを監督は知っているし、FAカップではファン・デ・ベークを選んだわけだけどね。チームに新鮮さを加えるために。

それは十分に公正なことだと思うよ。ファン・デ・ベークはとてもいい練習をしているし、我々にとって重要な存在だ。将来に向けてもどんどん大切な選手になっていく。

僕はすべてを勝ち取ろうとするクラブに行こうと思っていた。それが自分のメンタリティだし、人生の道だ。サッカーはすなわち勝利だ。

だから自信を持たなければならないし、チームメイトを信じなければならない、自分自身を信じなければならない。それが不可能になるまで信じ続ける」