かつてサッカー界を震撼させたルイス・スアレスの噛み付き事件。それと同じような出来事があったと話題になっている。

問題視されている選手は、スペイン人MFエドゥ・ベディア。

ラシン・サンタンデールで育成されたテクニカルなレフティで、バルセロナBにも所属したことがある選手だ。31歳になった現在はインドのFCゴアでプレーしている。

そのべディアがチェンナイインFC戦で相手選手に噛み付いたという疑惑のシーンがこちら。

相手選手は恐怖と痛みに顔を歪めており、べディアは腹部に向かって歯を突き立てていたように見える。

【動画】これは噛んでる?! 恐怖の噛み付き疑惑シーン

このシーンでべディアにはイエローカードが提示された。

ただ、本人は「はっきりさせておきたい。テレビでは僕が相手を噛んだように見えるが、あったのは些細な争いと怒りのジェスチャーだけだ。決して噛んでいない。相手選手は実際に起きたことを知っている」と疑惑を否定している。