マンチェスター・シティのお騒がせ男として知られるフランス代表DFバンジャマン・メンディが、無免許&無保険運転で検挙された。

『The SUN』によれば、メンディは昨年11月15日午前5時ごろにチェシャ―州のプレストベリーで警察に検挙されたとのこと。

メンディは愛車のランボルギーニ・アヴェンタドールSVJを運転していたものの、警察に停められた際に適切な書類を提出できず、免許不携帯、無保険であったことが明らかになったそう。

警察はその後オンラインで有罪判決を下し、880ポンドの罰金、88ポンドの手数料の支払いを命じたほか、ライセンスから6ポイントのペナルティを課したほか、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJも押収されているとのこと。

【動画】これがメンディの愛車ランボルギーニ・アヴェンタドールSJV

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJは、アヴェンタドールSの改良版のバージョンで、これまで世界で900台しか製造されていないスーパーカー。価格はおよそ47万5000ポンド(およそ7000万円)であるという。

なおイギリスの自動車保険局によれば、2020年に無保険で押収された車は13万7410台にのぼっているとのこと。およそ4分に1台が没収されているそうだ。