リヴァプールからサウサンプトンにローン移籍すると、すでに2ゴールを叩き出している南野拓実。

ユルゲン・クロップ監督は買い取りオプションの付随を断ったとされ、来季にはリヴァプールに戻る予定だ。

【動画】南野、プレミアで暴れる!チェルシーを壊した魔法ゴールシーン

ただ、リヴァプールは南野をトレード要員にしつつ、新たなアタッカーを獲得するのではという噂もある。

『La Rason』によれば、リヴァプールが狙っているのはセビージャのアルゼンチン代表FWルーカス・オカンポス。

彼の契約には5600万ポンド(83億円)でのリリース条項が設定されているというが、リヴァプールは南野を提供することでその額を引き下げたい構えだという。

リヴァプールはリーズのブラジル人FWラフィーニャを狙っているという話もあるが…。