現在ボルシア・ドルトムントでエースとして活躍し、加入後43試合で43ゴールを決めているアーリン・ホーラン。

【動画】ホーラン、ブンデスリーガでの28試合27ゴール

彼はかつてモルデに所属していた時にオレ・グンナー・スールシャール氏の指導を受けていたことで知られている。

そして、2019年にレッドブル・ザルツブルクからドルトムントへ移籍した際にはマンチェスター・ユナイテッドが2000万ユーロの入札をしていたことも明らかになっている。

ただ、その際には細かい条件で合意に至らなかったため、ドルトムントにかっさらわれる形となっていた。

『Sky』によれば、「まだホーランに関心はある?」と聞かれたスールシャール監督は以下のように話したという。

オレ・グンナー・スールシャール

「私はアーリン・ホーランと連絡を取り合っているよ。あのような選手になるのを見られたのは素晴らしいことだ。常に改善に努めていくだろう。

彼はドルトムントの選手だ。そこで彼が繁栄し、それからの人生がどうなっていくのかを見ていこう。

将来マンチェスター・ユナイテッドが獲得することはできるか?彼はドルトムントにいるので、アーリンについては話せないよ。

話しすぎることは尊敬の欠如になるだろう。私がすでに彼に話したことを除けばね。

1年前に興味を持っていたのかどうか?世界トップクラスの選手は誰もが欲しがるものだし、彼はトッププレーヤーだ、

ただ我々の補強はうまく行ったと思う。隣りにいるダニエル・ジェームズもそうだし、ブルーノ・フェルナンデスもそれを証明している。

我々はクラブの中にあるものを様々なタイプの選手や若手で補完していく必要があるので、この自分たちの補強モデルやプロセスに満足している」