UEFAヨーロッパリーグのベスト16で戦うことになったマンチェスター・ユナイテッドとミラン。

ミランFWズラタン・イブラヒモヴィッチはかつてユナイテッドでもプレーしたことがある選手だ。

同じスカンジナビア出身のオレ・グンナー・スールシャール監督はクラブ公式のインタビューでこんなことを語っていた。

オレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド監督)

「全てのキャリアにものすごく感銘を受けた。

彼を見ていたし、チェックしていたよ。

どんなチームに行ってもリーグで優勝してきた。それは特別なものさ。

彼のやり方はあまりスカンジナビア人らしくない。

僕らはもうちょっと穏やかで、物議を醸すこともないからね。

ズラタンは信念と自信で何ができるかを示した。

彼をロールモデルにしている多くの子供たちがいるよ。

例えば、今ドルトムントでプレーしている彼もそうだ。アーリン(・ホーラン)だよ。

彼がズラタンを見て、その振る舞いを学んでいることは知っている。

私はアーリンとも働いたことがあるからね。彼も同じメンタリティを持っている。

(イブラの)ユナイテッドでのキャリアの危機に瀕した怪我からの復活の仕方。

皆、楽なMLSに行ったと思っていたが、そうではなかった。

彼は評価を上げて、今は欧州最高のクラブのひとつであるチームにいる」

スカンジナビア人らしくはないとしつつ、イブラのメンタルを賞賛したスールシャール(イブラはボスニア人の父とクロアチア人の母のもとにスウェーデンで生まれた)。

そのうえで、ノルウェー人であるホーランも彼を見て学んでいると述べていた。

【動画】イブラから伝授?怪物ホーラン、キレた相手選手への逆襲シーン

実際、ホーラン本人も「彼のメンタリティが好き。彼の移籍の仕方も好きだね。他の国(への移籍)は簡単ではない。でも、彼は移籍してくると、必ずすぐにゴールを決める。それを見るのが好きだった。僕らはストライカーだし、ともに背が高い」とイブラについて語っている。