『La Vanguardia』は、「バルセロナ、アスレティック・ビルバオ、レアル・マドリー、オサスナの4クラブが、未払い分の税金を支払うよう命ぜられた」と報じた。

この4クラブは、1990年からの26年間にわたって一般的な税率である30%ではなく25%という比率が適用されてきた。

それはスペイン政府がプロのスポーツクラブを営利企業に転換させるよう推進した法律の影響があった。

ほとんどのクラブは企業に転換したことで税率が30%になったものの、例外規定によってこの4クラブは非営利団体扱いの25%で継続されることになったそう。

2016年にこの問題が明るみになり、欧州委員会が「これらの違法な国家援助を停止し、未払い分の税金を回収せよ」とスペインに要求。そしてバルセロナら4クラブがそれに控訴したことで裁判となっていた。

2019年2月には欧州司法裁判所でバルセロナらクラブ側が勝訴を収めていたものの、今回は逆に欧州委員会側の控訴が認められることになったそうだ。

【写真】21世紀のバルセロナで「最高の選手」TOP10

ただ逃れた分の全額を納めるのではなく、バルセロナ、レアル・マドリー、アスレティック・ビルバオ、オサスナの4クラブには未払い分のうち最大500万ユーロ(およそ6.5億円)ほどを支払うことが求められるそう。額はクラブによって違うものになるそうだ。