VARの導入以降、あまりに微細なオフサイド判定が物議を醸すことが多くなっている。

そうしたなか、FIFAの技術部門でディレクターを務めるアーセン・ヴェンゲル氏がオフサイドのルール変更を提案した。

『Evening Standard』によれば、国際サッカー評議会(IFAB)に自らのプランを提示したという。

ジャンニ・インファンティーノ(FIFA会長)

「サッカーをもう少し攻撃的にできうる新たなルールについて考えることが出来るかもしれないと思っています。

アーセン・ヴェンゲル氏が我々に提案したものを要約するとこのようなものです。

攻撃側の選手が相手よりも前にいたとしても、得点することが許される体の一部が相手とインラインだった場合(はオンサイド)。

攻撃側の選手にもう少し余地を与えることになります。攻撃的サッカーを支持するものです。

当然ながら、このような変更はテストすることが必要になります。

試合にどのような影響を与えるのか見なければいけません。ポジティブなのか、ネガティブなのか。

もしポジティブなら、前進させるかもしれない。ネガティブなら後退する。

だが、VARでもそうだったように我々は常に新たなアイデアにはオープンな姿勢です。

サッカーより攻撃的により情熱的にできるものならば、確実に検討します」

やや分かりにくいが、より攻撃側に有利になるルールの変更を提案したという。このルールに変更した場合、プレミアリーグでの平均オフサイド数は4から2に減るとか。

【動画】リヴァプールvsチェルシー戦で問題になったヴェルナーのオフサイド判定

また、この新ルールは中国の下部リーグでテストされる見込みだそう。