昨季途中からトッテナムの監督を務めているジョゼ・モウリーニョ氏。

就任2年目となった今季は一時リーグ首位に立つこともあったが、その後はELで敗退するなど不安定さを露呈している。

『Telegraph』によれば、スパーズの選手たちはモウリーニョ監督の人を見下したような発言に嫌気がさしているという。

スパーズはプレミアリーグ第30節のニューカッスル戦に2-2で引き分けた。勝利間近の終了5分前に痛恨の失点を喫し、リードを守れず。試合後、モウリーニョ監督は「監督は同じだが、選手が違う」などと述べていた。

同紙によれば、トップ4入りするのに不十分と“口撃”するようなモウリーニョ監督の言動に選手たちは我慢できなくなっているとか。

【動画】スパーズを絶望させたアーセナル保有ウィロックの劇点ゴール

また、ニューカッスル戦ではトビー・アルデルヴァイレルトがメンバー外になったが、その理由を巡るモウリーニョの発言も混乱を招いているそう。

現在6位のスパーズは週末に2位マンチェスター・ユナイテッドの大一番が控えている。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら