ユヴェントスの会長を長く務めていたアンドレア・アニェッリ氏が、今季限りで辞任する可能性が高まっているようだ。

先日発表された欧州スーパーリーグに参加することを決めたユヴェントスであるが、その後脱退チームが次々と出る中で彼らもそれに追随。結局撤退を余儀なくされている。

それもあってアンドレア・アニェッリ会長には非常に強い圧力がかかっており、『Sportmediaset』によればおそらく辞任を余儀なくされる可能性があるという。

アンドレア氏は、もともとアニェッリ家の資産管理会社の会長を務めているジョン・エルカーン氏(アンドレアにとっては従兄弟にあたる)との関係が悪いとのことで、対立が激しくなっているそう。

アンドレア・アニェッリ氏のいとこに当たるジョン・エルカーン氏
またユヴェントスはこのスーパーリーグ頓挫によってかなり厳しい経営状態になっており、関係者からアンドレア氏に対する反感が高まっているようだ。

なお、もしアンドレア・アニェッリ氏が辞任した場合、彼やエルカーン氏の従兄弟にあたるアレッサンドロ・ナーシ氏が新しい会長に就任する可能性が高いそう。

【写真】10年前の世界的ゲームでスゴかった「ユヴェントスの若手4名」

そして、もしアンドレア・アニェッリ氏が辞任になった場合は、彼の肝いりで監督になったアンドレア・ピルロ氏も退任することになるようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】