13日にイングランド・プレミアリーグのチェルシーは2021-22シーズンに使用する新しいホームユニフォームを発表した。

そのチェッカーボードとジグザグ模様が施されたサイケデリックなデザインは、1960年代に着想を得たものであるという。

【動画】新しいチェルシーのユニフォーム、まるでミュージックビデオのような映像で発表された

そんなユニフォームはすぐにチェルシーの公式ウェブサイトで販売が開始されていたのだが、そこでちょっとしたトラブルがあったようだ。

『The SUN』によれば、それはユニフォームに書かれる名前のプリントを注文する部分だったそう。

もちろん、注文する際にはチェルシーに所属する選手の名前をユニフォームの背中に入れられるのだが、なんとその中に「バンジャマン・メンディ」が入っていたという。

しかもエドゥアール・メンディと間違えたのかと思いきや、エドゥアールのほうもしっかりリストに入っている…。

これはしばらくして修正されたとのことだが、「消せば増える」と言ったとおりソーシャルメディアやメディアで格好のネタになってしまったようだ。

ちなみにチェルシーの新しいユニフォームは1枚105ユーロ(およそ1万4000円)となっており、ファンからは「高い」と不満の声もあるとか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】