今シーズンの開幕直後、新型コロナウイルスの感染者が多数発生したことによって活動停止を余儀なくされたガンバ大阪。

再開後もなかなかパフォ―マンスが上がらず、10試合でわずか3ゴールしか奪えず1勝4分け5敗という結果となっていた。

今週半ばにはサンフレッチェ広島との試合で1-2と敗れており、降格圏となる18位に沈んでいる。そして今回、クラブは監督を務めていた宮本恒靖氏の退任を発表した。

【動画】試合終盤にはGK東口の超ロングシュートが飛び出すなど話題になった広島戦。

今後は強化部長を務めていた松波正信氏が変わって暫定的に指揮を執ることになり、その間に次の監督を探す予定になっているとのこと。