先日、チェルシーを撃破してFAカップ初優勝を遂げたレスター。再戦となったプレミアリーグ第37節には2-1で敗れたが、ケレチ・イヘアナチョが史上初の記録を達成していた。

24歳のナイジェリア代表FWは後半31分に今季12ゴール目をゲット。リーグ公式によれば、イヘアナチョはプレミアリーグ史上初めて同一シーズンで全ての曜日でゴールを決めた選手になったとのこと。

月~日曜までの全曜日で得点を決めたとか。その曜日に試合が組まれていなければ達成できないものであり、タイトな変則日程によって生まれた記録だろうか。海外のファンたちも「まさに新型コロナの影響」と反応していた。

ただ、本人は上位対決に負けたことを悔やんでいた。

ケレチ・イヘアナチョ(レスターFW)

「痛恨だね。この試合に勝たなければいけなかった。

前半はよくなかったけれど、後半はよくなった。でも、反撃するのは難しかった。

今日は全てを賭したよ。とてもタフでつらい。CL出場のために最終節には勝たなければいけない」

また、終盤に起きた超チームの乱闘については、「アントニオ・リュディガーがリカルド・ペレイラに攻撃的にいったので、ファイトになった。落ち着くように言ったんだ」と説明していた。

(以下動画5分43秒~)

【動画】掴み合い勃発!チェルシーvsレスターの乱闘シーン

これで4位に落ちたレスターは最終節で6位トッテナムと激突。勝点差3の5位リヴァプールはクリスタル・パレスと対戦する。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら