EURO本大会に向けた24人のメンバーを発表したスペイン代表。

3人のGKはデビド・デヘア、ウナイ・シモン、ロベルト・サンチェスという顔触れになり、チェルシーGKケパ・アリサバラガは外れた。

英国人の父とスペイン人の母を持つロベルト・サンチェスはブライトンに所属する23歳の大型GKだ。

今年3月にスペイン代表に初招集されたが、まだ代表デビューはしていない。

『Telecinco』によれば、彼は5日に行われるポルトガルとの親善試合で代表初キャップを刻む見込み。さらに、ルイス・エンリケ監督はEURO本大会でロベルトを正GKに抜擢する可能性があるという。

指揮官はデヘアとシモンを信頼しているものの、ロベルトの足元と守備に与える安心感をいたく気に入っているとか。

【動画】197cmなのに凄すぎ!GKロベルト・サンチェス、超人的ネコ反応

身長197cmを誇るロベルトは高い身体能力と足元を兼ね備えた大器だ。

経験値でいえばデヘアが圧倒的だが、新星が本大会で大抜擢されるのか注目したい。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら