6月11日から開幕するEURO2020に出場するスコットランド代表が、かなり難しい状況に陥っているようだ。

現在は大会に向けて準備を進めている段階だが、『BBC』によれば火曜日に行われたPCR検査でジョン・フレックが陽性反応を示したのだそう。

さらに濃厚接触者として認定されたデイヴィッド・マーシャル、スティーヴン・オドネル、ネイザン・パターソン、グラント・ハンリー、ジョン・マクギン、チェ・アダムズが、検査では陰性ながらも隔離の対象となった。

彼らはキャンプ地であるスペインのプロトコルに従い、10日間、あるいは2回の陰性判定が出るまで隔離を続けることになる。

スコットランド代表は2日にオランダ代表と、6日にルクセンブルク代表と親善試合を行い、そして14日にハムデン・パークでチェコ代表との大会初戦を迎える。

しかし現状、もし10日間に渡って選手7名が隔離されてしまった場合、スコットランド代表は19人しかメンバーが揃わないことになる。

【写真】 今「所属クラブがない」フリーの有名選手11名

少なくとも、今後さらにチームの中で陽性者が出てしまうことだけは避けたいところだが…。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら