先月末のCL決勝で鼻骨骨折と左眼窩骨折を負ったベルギー代表MFケヴィン・デブライネ。

EURO第2戦のデンマーク戦で復帰すると、いきなり決勝ゴールを決める活躍を見せた。

プレーには何の支障もなかったように見えたが、『HLN』によれば、こう明かしたそう。

ケヴィン・デブライネ

「(手術のために)歯科医のもとを訪れた後と同じようにまだ顔の左側は何も感じない。

神経がひどく傷ついたので、長ければ6ヵ月かかるかもしれない。

快適ではないけれど、一番大事なのはプレーできること」

顔の神経に深刻なダメージを負っており、左顔面の感覚が戻るまで最悪で半年かかるかもしれないそう。

【動画】顔がひどいことに…デブライネ、痛々しい顔面骨折シーン

ベルギーは22日にフィンランドとのグループステージ最終戦を戦う。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら