全日程を終えた2020-21シーズンのプレミアリーグ。

ここでは、『ESPN』による「今季のワーストイレブン」を見てみよう。「アンフェアかもしれないが…」というセレクトはこうなった。

GK:ウーゴ・ロリス(トッテナム)

GK:ウーゴ・ロリス(トッテナム)

2018年W杯覇者のロリスだが、当時と同じような自信を抱けていない。

スパーズでの彼の時間は終わった感があり、バーンリーGKニック・ポープが後釜候補として注目されている。