EURO2020の決勝トーナメント1回戦で対戦することになったスペインとクロアチア。

スペイン代表MFダニ・オルモはバルセロナのカンテラからディナモ・ザグレブに移籍し、クロアチアでプロになった経歴を持つ選手だ。『Sportske novosti』によれば、彼はこんな話をしていたそう。

ダニ・オルモ(スペイン代表MF)

「クロアチアがグループステージを突破した時、とてもとても嬉しかった。

イヴァン・ペリシッチがスコットランド戦で3点目のゴールを決めた時には拳を握りしめて『Toooo!』と叫んだよ。

でも、(対戦が行われる)コペンハーゲンの試合後はあまり嬉しくないだろうね。スペインかクロアチアが敗退するからさ。誰かが脱落しなければならない。

もちろん、僕はスペインの突破を願っている。僕らが準々決勝に進み、クロアチアは帰路に就く…。

僕らが勝ち進むのは嬉しいだろうけれど、クロアチアにとっては残念なことになる。でも、世の中はそういうものでしょ?」

彼は今でもクロアチアに思い入れがあるほか、クロアチア代表にも友人が多いそう。

【動画】スペイン代表はやっぱウマい!ダニ・オルモ、電撃ゴールシーン

それだけに対戦には複雑な気持ちもあるようだ。