広州FC(旧:広州恒大足球倶楽部)で監督を務めてきたファビオ・カンナヴァーロ氏が、契約を解除して退任したようだ。

『Sohu』のレポートによれば、恒大集団の経営危機によって広州FCへの資金注入が滞っており、クラブは消滅の危機に瀕しているという。

そのため、クラブは財政状況改善のために人件費の削減を行わなければならなくなり、ファビオ・カンナヴァーロ監督に契約解除を申し出たとのこと。

カンナヴァーロ氏はそれを受け入れ、2022年12月まで残っていた契約を相互の合意のもとで解除することにしたそう。

【写真】帰化して中国代表入りした「一流外国人」たち

なお、広州FCはキャプテンを務める元中国代表MFチェン・チーが選手兼監督として指導を行う予定となっているという。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら