今年アーセナルの買収を目指して動いていた『Spotify』創業者のダニエル・エク氏。スウェーデンの大富豪である彼は少年時代からアーセナルのサポーターだった人物で、5月に正式な入札を行っていた。

パトリック・ヴィエラやデニス・ベルカンプ、そしてティエリ・アンリらの支持を取り付けたこともあり、クラブのビジョンも公開するなど広報もスタート。

入札の額はおよそ18億ポンド(およそ2745.7億円)というものだったが、現在のオーナーであるスタン・クロエンケ氏に拒否されていた。

しかし、その買収を諦めたわけではないようだ。そのダニエル・エク氏は、先日行われたトッテナムとのノースロンドンダービーでスタジアムを訪れていたという。

【動画】ティエリ・アンリの隣で試合を見るダニエル・エク氏

その後マンデーナイトフットボールで『Sky』に出演したティエリ・アンリは、「彼はここにいるのでどうなるかを見届けよう。昨日は明らかに勝利を楽しんでいた。対話は長くなるだろう。実際にどれくらいになるかはわからないが我々はここに留まる」とコメントしたとのこと。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら