かつてギリシャのユース代表でもプレーした31歳のサッカー選手が亡くなった。

『metrosport』などによれば、死亡したのは、アリスなどでプレーした元U-21代表DFニコス・トゥウマニス。

彼は現地火曜早朝に車のなかで遺体で発見された。死因は窒息死とされており、結束バンドが使われていたという。

【動画】何があった…遺体が発見されたアウディの映像

当局は自殺の可能性があると見ており、解剖結果を待っているという。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら