2017年からリヴァプールでプレーしてきたエジプト代表FWモハメド・サラー。

29歳になった彼の契約は2023年までとなっており、その去就が注目されている。そうしたなか、『Sky Sports』のインタビューで本人がこう述べた。

モハメド・サラー(リヴァプールFW)

「言わせてもらうなら、サッカー人生最後まで残りたいよ。

でも、あまり言えることはない。それは僕の手中にはないからね。僕ではなく、クラブが望むこと次第さ。

現時点では、自分がリヴァプールと対戦する姿は想像できない。そうなったら悲しい。

難しい、それについては話したくないけれど、そうなったら本当に悲しいだろうね。

現時点では、リヴァプールと対戦することは考えられない。でも、どうなるか様子を見てみよう」

残留への思いを語りつつ、自分ではなくクラブが決めることと話したサラー。

【動画】神サラー、古巣をあざ笑ったマジカルシーン

リヴァプールでは214試合で137ゴールを叩き出してきたが、果たして…。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら