23日に行われたJ1リーグ第33節、FC東京対鹿島アントラーズの試合は1-2という結果で終了した。

前半終了間際に右サイドのセットプレーから鹿島アントラーズが先制。ディエゴ・ピトゥカのキックをアルトゥール・カイキがヘディングで叩いて決めた。

【動画】アディショナルタイムに入ったところ、ふわっとしたキックをニアでピンポイントに合わせる

このゴールでリードを奪った鹿島は、後半に入ってカウンターから追加点。右から土居聖真が折り返し、中央で上田絢世が受ける。

トラップがディフェンスに当たってこぼれたところを自らシュートに持ち込み、冷静にネットを揺らした。これはセレッソ大阪戦、横浜FC戦に続いての3試合連続ゴールであった。

試合後、上田は3試合連続という記録について以下のように話した。

上田絢世

「プロ初の3試合連続ゴールは全く意識していなかった。ストライカーはその試合に出たら決めるだけです。

ゴールの時はみんなが力強く前に出て行けたし、カイキの動きでスペースができていた。土居選手とは特徴を理解し合っているので生かしてくれる」

また、前節の横浜FC戦後に起こったサポーターの問題については「上手く行っていない状況を変えられる立場から最も遠いのがサポーター。もどかしい思いを抱えていると思う」と話していた。

【厳選Qoly】日本人選手vs韓国人選手、いま市場価値が最も高いのはこの8人!1位は99億円

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら