かつてユヴェントスやパレルモ、ペルージャなどでプレーしたイタリア代表FWファブリツィオ・ミッコリが、3年半の懲役刑を言い渡されたという。

ミッコリが有罪と言い渡された理由は、マフィアとの関係によるもの。

彼自身は2017年から行われてきた裁判でマフィアとの関係を否定しており、「自分はサッカー選手で、マフィアの考え方には反対している」と証言していた。

しかしながら、今回イタリアの最高裁判所が判決を下し、ミッコリはマフィアとともに恐喝の事件に関与したとして3年半の懲役刑を言い渡されたという。

【動画】「重戦車ストライカー」と言われたファブリツィオ・ミッコリ。マフィアと癒着で有罪に。

ミッコリは2010年、パレルモに所属している際にナイトクラブの所有者から金を奪い取ろうとしたことが証明されたそう。

彼は自分で手を加えたわけではなく、誰かを雇った上でこの事件に関与したことが立証されたとのこと。

彼の裁判は2017年からスタートしており、ミッコリは最初からマフィアとのつながりを否定してきた。

しかしながら、4年にわたって行われた裁判においてその関係が明らかにされてきたことから、今回最高裁判所が有罪判決を言い渡したようだ。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら