レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長らが主導した欧州スーパーリーグ構想。

わずか数日で瓦解したが、ペレス会長はまだ完全には放棄していないとされている。

【動画】C・ロナウド、伝説になったレアル時代の珠玉スーパーゴール

そうしたなか、レアルのカルロ・アンチェロッティ監督は『Corriere dello Sport』のインタビューでこんな話をしていた。

カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー監督)

「(フロレンティーノは2人いるスーパーリーグ構想のダイハードです。もうひとりは、ユヴェントスのアンドレア・アニェッリ)

サッカーは変わらなければいけない、迅速に変わらなければならない。

まず何よりも、試合の数を減らすべきだ。試合があまりに多いし、ひどい。ショーのクオリティも急落している。

選手たちはそれを受け入れられず、代表招集を拒否する選手もいる。

肉体的・精神的な疲弊、不釣り合いな怪我人の数、10-0の試合…いい加減にしろと言う時がきた」
アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら