古橋亨梧に続き、前田大然、旗手怜央、井手口陽介を獲得したセルティック。

新加入3人をデビューさせた2022年初戦のハイバーニアン戦に2-0で勝利した。

前田の先制ゴールに続き、追加点となるPKを決めたのがヨシップ・ユラノヴィッチ。彼は試合後にこう述べていた。

ヨシップ・ユラノヴィッチ(セルティックDF)

「ベンチにも素晴らしい選手たちがいる。だから、僕らは強いチームなんだ」

「我がファンたちの前で初めて試合をした新加入選手たちもおめでとう。彼らは本当にいいプレーをしたよ。

最初の試合だったけれど、2人は本当にいいプレーを見せた。これからも彼らとやるのが待ちきれない」

ユラノヴィッチは昨夏にセルティックに加入した26歳のクロアチア代表右サイドバックだ。

ゴールを決めた前田以上に評価を高めているが旗手。

【動画】評価爆上げ!旗手、セルティックでやった未遂ドライブシュート

アンジ・ポステコグルー監督も「彼のことを知れば、非常に向上心に強い若者であることが分かる。彼はもっとやりたがっている。そういう性格なんだ。ただ楽しむだけでなく、最高の選手になるという目標や野望がある」と讃えていた。