ベネズエラリーグの試合で、なんと大蛇が試合中のピッチに乱入するという騒ぎがあったようだ。

『Premsalibre』によれば、その試合はヌエバ・コンセプシオン対ムニシパルの対戦であったとのこと。

前半42分にヌエバ・コンセプシオンのデウィンデル・ブラッドリーが先制点を決め、1-0のスコアで迎えた80分過ぎ、スタジアムが騒然となる…。

【動画】ピッチ上に現れた大蛇に両チームの選手たちもビビる

なんとピッチの中に全長2メートルはあろうかという大蛇が!スタッフは長い棒を持ち、警察は盾を使ってダメージを与えようとするが…。

最終的にはボランティアによって捕獲されてピッチの外に運ばれたものの、屈強の選手たちも蛇を前にしてはなかなか立ち向かうこともできないようだ。

なお、試合は結局このあとスコアが動かず、1-0でヌエバ・コンセプシオンが勝利を収めている。